スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤自転車

2014.11.17.Mon.02:38
ブログが広告になってしまっていたので・・
雑談ですが・・・

3年ほど前、一人川下り用に購入した折り畳み自転車
中標津転勤後はもっぱら通勤車として
日々お世話になっているのです。

使っていると愛着が湧くのですね
自転車、楽しいのです。

ダホンのルートという最廉価車種だから
「しょうがない」とあきらめていた走破性・・・

ネットで調べると、
このタイヤは空気圧最大まで入れるべきとのこと
ふむふむ
空気圧を測ることは出来ないが
とりあえず固めに入れてみる。

あれーきもちいいー
非常に良く転がるのだ。

これは、空気圧にこだわらねば・・・
と思い、調べに調べた結果
英式バルブを米式に変換・・空気圧が測れる!
「パナレーサーのエアチェックアダプター」

ACA-2 エアチェックアダプター 2個セット 英式チューブを米式口金に変換するアダプターACA-2 エアチェックアダプター 2個セット 英式チューブを米式口金に変換するアダプター

Panaracer(パナレーサー)


なるものを購入!

バルブを交換し、空気入れで、目一杯入れ
バイク用の空気圧系でチェック
純正タイヤの適正圧はかなり固いことがわかった。

カチカチなので段差のショックは大きいですが
めちゃめちゃ快適!

そこのあなた、
ちょっと良い自転車なのに
英式バルブでは?
「エアチェックアダプター」、超お勧めの一品です。

まぁ、いい自転車は最初っから
「米式」か「仏式」バルブのチューブですって・・・
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。