スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知床硫黄山

2015.08.31.Mon.22:36
行ってみたいなぁと思いつつ
クマ対策を十分に・・・
車両の通行規制期間が・・・
雪渓ではアイゼン必要・・・など・・・
敷居の高さに二の足を踏んでいた知床硫黄山

同僚の同行も得て遂に行ってきました

早朝日の出前に中標津を出発
天気予報は予想以上に良く気分が高まる

羅臼町に入ると日の出

iou006.jpg

期待が盛り上がります

ウトロ側も良い天気
オホーツク海も素晴らしい青
ビジターセンターから奥はシカとキツネだらけ
知床はサファリパークです

心配していた登山口の駐車場も空いており
スムーズに準備が出来ました

6:50入山、気温12度くらい、天気晴れ
標高450まで軽快に登る

iou005.jpg

カムイワッカ川から湯気が立ち上り
山頂方面もスッキリ

更に快調に鉱山跡まで・・・
ここで同行者がポツリ 「でました・・」
視線の先にはクマが・・・

iou004.jpg

距離20m・・30m・・小さい個体だが近い・・
こちらをチラチラ見つつ
地面を掘り返しているようだ
アリの巣を探しているのかな
周りに他の個体が居ないか見渡すが居ない
登山道側へ来る様子が無いので
様子を見つつ通り抜けることに
時々目を合わせつつ刺激しないように
静かに横を通らせてもらいました・・・

さらに
600m付近左手の裸斜面に2頭目発見
かなり遠くですが大きい個体に感じました

その後のハイマツ林をぬけて
沢歩きへ、
沢の中もフンだらけ・・・
こんなところで会ったら、厳しい・・・

そして沢の上部にはまだ雪が

iou003.jpg

斜度もそれほど急では無く
雪も緩んでいたのでアイゼンは不要でしたが
ストックは有った方が安心でしたね

涼しげな沢歩きを抜けると
両側にハイマツが広がるじゃりじゃり斜面へ
ここでまた同行者が 「います・・」
確かに左手のハイマツからパキパキと音が
良く見ると揺れている一角が・・・
あ、頭を出しました・・・
ちょっと離れているので恐怖感は少ないですが
周りのハイマツすべてに潜んでいそうな気分に・・・
登山道側へ移動してくる気配は無いので
速やかに通過することにしました・・これで3頭目

頂上直下に到着すると
先行パーティが登頂後の一休みをしており
合流すると、登ってきた斜面の裏側にクマが居たとのこと
全然気が付きませんでした。

幸いクマが反対方向へ移動していたので
かち合わずに済んだようです

頂上を見ると、他の先行パーティが降りてくるところです
すれ違うのは困難のようなので
しばらく休憩、クマ情報を交換したあとで頂上へ

頂上からはホント最高の眺めでした
これぞ世界遺産

岬方向

iou002.jpg

羅臼岳方向 足元にはイワギキョウが数輪

iou001.jpg

知円別岳方向 奥には国後島

iou000.jpg

しばし展望を楽しみました
それでも11:00前、
頂上直下まで降り、さらにシレトコスミレを探しに
第一火口の野営場まで行こうかと思いましたが
ああぁ、いました。
向かうルート脇のハイマツの中でガサゴソ・・
ルートからかなり近いので一気にテンション↓

先へ進むのは諦め
1400m付近の開けたところまで降りて昼食。
おにぎりも、カップうどんも、コーヒーも美味い!

ゆっーくり休んでから慎重に下山しました。

帰り道はクマに遭遇することも無く・・・
疲れましたが、予定よりだいぶ早く
3:00前に下山しました。

駐車場付近にいた
角の立派な雄シカも、餌をねだるキツネも
クマに比べると雑魚すぎて
カメラを出すことも無く数m横をスルーしちゃいました

今思うと、一枚くらい撮っておけばよかったわ

締めは岩尾別のホテル地の果て
ゆっくり汗を流しコーラで乾杯

天気に恵まれ、
クマとの4回の出会いも、ある意味ラッキー?
本当に楽しい登山でした。

後は、羅臼岳羅臼コース。
紅葉までにチャレンジしたいと思っています。


いやいや、長文にお付き合いありがとうございました。
楽しかったのですが、しばらく筋肉痛が続きそうです・・・
スポンサーサイト

斜里川で釣って、津別行って釣って、雄阿寒登った

2015.08.08.Sat.21:29
7月26日 同僚と渓流釣りへ
色々考えた結果、斜里川にした。
記憶より藪化が進んでおり
初心者にはつらい釣りになってしまったが
水質の良さと、オショロコマ、ヤマメの濃さに
満足していただけたような・・・

久しぶりに河原で焚火をおこし
魚も食べられたし、私も満足。

釣りの後は
気になりつつ行っていなかった男鹿の滝
湧水由来とは思えない水量
天気が良い日に長居してみたい滝でした。

その後、緑の湯で汗を流し
最後に神の子池に寄って
清水三昧の一日を締めました。

翌日の27日は津別へ
ちょっとした職場の関係の釣りですが
今回は子連れで完全休暇で参加
この日の娘はラッキーで
竿には30オーバーのアメがかかり
虫網を振れば、オオルリボシヤンマが入り
ホタルは予定通り飛び交い
翌朝の津別峠は雲海
夏休み前半に娘との良い思い出作りが出来ました。

そして、8月1日
義妹と姪達が遊びに来て阿寒泊
正午に阿寒に着くと小雨・・・
それでも、待ち合わせ場所で話しているうちに
雨が上がったので自分だけ山へ

食事時間までに下山して
シャワーも浴びたいので
無理しましたー
かなりのハイペースで往復したので
降り切る頃には足ガクガクでした。

でも、頂上は雲も流れ去り
3度目の登頂で初の眺望!
さわやかな山頂を楽しんできました。

良い夏の入りを楽しんでいます。

これらのスナップはHPに載せましたので
良かったら覗いてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。