スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の羅臼湖遊歩道散策

2013.09.28.Sat.15:32
妻の強い要望により
中標津より午前中帰宅の強行スケジュールで
羅臼湖に行ってきました!

0500、中標津発・・3℃・・寒い
0630、羅臼湖入口・・7℃・・妻子を降ろし
0640、知床峠駐車場・・自転車に乗り換え
 ダウンヒル気持ちいい
0650、羅臼湖入口・・
0700、入山
 日陰の草木にはまだ霜が・・

二の沼
rausu2.jpg


三の沼
rausu3.jpg


湿地の中の流れ
rausu002.jpg


四の沼
rausu4.jpg


五の沼
rausu5.jpg


0830、羅臼湖着
rausu6.jpg


情報通り、ぬかるんだ箇所も多い遊歩道ですが、
登り下りは少なく、長靴で快適に歩けます。
長靴を汚して、植生保護!

羅臼湖付近の木道はまだ古いままで
rausu7.jpg

ガッタガタです・・が良い雰囲気でもあります

遊歩道整備の資材運搬は・・
rausu8.jpg

当然?ヘリコプター!!
この日は後片付けだそうで、
一回二個吊りで何往復もしていました。

雪に閉ざされる日も近いんですね・・

0845、羅臼湖発・・
1010、下山
 バスで駐車場へ行く予定でしたが
 待ち時間が30分あるので
 自転車でヒルクライム・・きつかった・・
1025、知床峠駐車場・・
1030、羅臼湖入口で妻子ピックアップ
1200、中標津着
ぎりぎり午前中に完了しました・・・

折り畳み自転車(^^)なかなか役立ちました!
ご参考に!
スポンサーサイト

挑戦!新食材

2013.09.15.Sun.08:09
hisi006.jpg
これが、何か判りますか?

カヌーに乗りたいという家人の要望により
釧路へ習い事へ行った帰り達古武に寄り道しました。

予報通り強風・・・
岸辺で遊ぶだけだな・・・と思っていましたが
たまたま、環境省のイベントが行われており
そのスタッフさんに話を聞くことが出来ました。

「達古武湖は水質の変化によって
透明度が低くなりましたが、
ヒシは実に沢山の栄養を蓄えているので、
春、光の弱い湖底から、自力で3m以上茎をのばし
水面に葉を広げることが出来ます。
他の水草より先に水面を占有することで
生息域を広げています。
逆に他の水草が衰退している状況なんです。」
「今日は有効利用も考えてヒシを採って
たべる独身男女のイベントなんです。」
とのこと。

すかさず、どうやって食べるのですか?と聞くと

「生でも食べられるようですが、
茹でて食べるようですよ。」

ほうほう。ということで
岸際でカヌー漕ぎつつ、ヒシ摘みをして来ました。
最初の写真はヒシの実です。

なかなかの、曲者なんです。
hisi007.jpg
この禍々しい棘・・・
hisi002.jpg
突き刺さったら抜けませんね・・・

きっと水鳥の羽とかに刺さって
旅に出るんだろうな。

この棘をキッチンばさみで切り取って
良く洗い、茹で上げました

hisi008.jpg
茹であがり!

結構固い皮を剥くと
hisi009.jpg
真っ白な中身が!
なかなかの充実ぶり。
匂いはまるでジャガイモ!
デンプンの匂いです。

hisi010.jpg
歯ざわりは、クワイ。
渋皮を取ればアクも無く
昔は、貴重な食料だったとの話に納得。

ネットで探すと、
炊き込みごはんが多かったので
挑戦してみようと思います。

きっと、栗ごはんに
近いものが出来るのではないでしょうか
こうご期待!
続きを読む "挑戦!新食材"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。